長く暮らす住まいは、目には見えない基礎をしっかり築くことが大切です。平年経過や環境の変化などにも対応できる家作りのためにオークが行う基礎工事。
見えない縁の下の力持ちができるまでをご紹介いたします。


1、杭打ちによるボーリング

2、杭打ち

杭打ちによるボーリングの写真

土地改良や支持層までの杭打を行い、丈夫な基礎全体をさらにしっかりと支えます。直径20cmのコンクリート杭 支持層(1宅地当たり3~8m)5本ほどでベタ基礎を支えます。

3、捨てコン

捨てコンの写真

墨出し・型枠固定の為に地盤の上に水平面をつくります。

4、捨てコン防湿シート

防湿シートの写真

床下の防湿を目的としたシートを敷きます。

5、捨てコン

捨てコンの写真

6、配筋工事

基礎型枠写真

建物の大きさに合わせ、土地全体に鉄筋を入れた強固なベタ基礎を造ります

7、基礎立上り型枠

基礎型枠写真

完成した基礎全体をにひび割れやジャンカなどがないかを確認します。

8、基礎立上り完成

基礎立ち上がり写真

しっかりと丈夫な基礎はこうして出来上がります。

9、上棟

上棟写真

そして初めて上棟の建築工事に移ります。